のぼり激戦時代を生き抜く方法

4月 8th, 2013

最近ではのぼりを使用していない商店は少なく、何処もかしこものぼりで溢れていると言っても過言ではない世の中になりました。

しかしこうものぼりが多ければ、人々の目もそれに慣れてしまい、なかなかインパクトを与える事は難しくなっていると言えるでしょう。

人々の目を引き付ける為には、周りが使っていないユニークなデザインや、少々奇抜なデザインを用いる事も必要になってきますよね。

しかし、のぼりがゴチャゴチャしたデザインになってしまえば、「何の宣伝なのか?」「何がアピールポイントなのか?」が伝わり難く、人目を引いても伝わらずに終わってしまう可能性もあるのです。

最近では“イルミネーションのぼり”なるのぼりも登場しています。

熱くなりにくく、非常灯や誘導灯などにも使われる無機ELをシート化したものが使われているらしく、暗い場所や夜間営業する店には持ってこいののぼりと言えるでしょう。

少々お値段は張りますが、話題集めには打ってつけですし、簡単な宣伝文句でも人目を引き付ける事は間違いないと思いませんか?。

周りのやっていない工夫を上手に取り入れて、こののぼり商戦を勝ち抜ける為の切り札にしたいものですね!。

カテゴリー: のぼりのアピール方法 |

この投稿へのコメントは受け付けていません。