のぼりと選挙活動

3月 24th, 2013

今や商品・キャンペーン・催し事などの宣伝方法には欠かす事が出来なくなったのぼりですが、政治の世界でものぼりは大活躍です。

選挙活動をする時には、自分の名前は勿論の事、マニフェストや、政党名をアピールする為に、のぼりを使用するケースもとても多いのです。

最近では印刷技術も発達し、写真なども鮮明に印刷出来る為、のぼりに自分の名前と写真を印刷すれば、名前も顔も同時にアピールする事が出来ます。

しかし、幾らピカピカののぼりを沢山使用したところで、市民の気持ちを掴めるかは疑問です。

ならばシンプルに真っ白いのぼりに、自分の名前と政党名をデカデカと書いて、それ一枚を掲げ活動する事で、選挙活動を終える頃には程よくくたびれ、味も出てきます。

それを見た市民達は「選挙活動頑張ってたんだな」と行為的に見てくれるかもしれません。

そして今やカラフルなのぼりが多いからこそ、シンプルなのぼりが目立ち、飾り気のない潔さを感じさせるかもしれません。

政治は何事にも戦略が必要な世界です。

なのでのぼり一本にしてもそこには色々な工夫がされているはずです。

選挙の時期には是非のぼりをチエックしてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: のぼりのアピール方法 |

この投稿へのコメントは受け付けていません。